GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

テニス肘・ゴルフ肘でもゴルフを楽しむ為の簡単体幹トレーニング

Licensed by gettyimages R

私は長年、肘の痛みで悩んできました。病院では「テニス肘」と診断され、テーピング、サポーターの欠かせない毎日で、ちょっとした動きでも痛みを感じながらの生活でした。

治療してもらってもなかなか症状は改善せず、一番の治療は安静にすること!ですが右の肘なので、安静にと言われても使わないわけにはいきません。

テニス肘と似ている症状で、「ゴルフ肘」と呼ばれるものがあります。テニスやゴルフなどのスポーツをやらない人でも、家事や育児などで肘の痛みを感じている人も多いのではないでしょうか。

テニス肘とゴルフ肘の違いについて

テニス肘は、正式には「上腕骨外側上顆炎」と言います。物をつかんで持ち上げたり、タオルを絞るなどの動作のときに、肘の外側に痛みを感じます。肘の使いすぎです、と言われることが多いそうです。

テニスをしない人でも、包丁を使ったり、ペンの筆圧が強いなど、肘や手首に強い力を入れる癖がある人は肘に繋がる筋肉が硬くなり、誰にでもテニス肘になってしまう可能性があります。

ゴルフ肘は、正式には「上腕骨内側上顆炎」と言います。安静にしているときはあまり痛みを感じませんが、疼痛が生じたり、特定の動きをしたときに肘の内側に痛みを感じます。手打ちをするゴルファーに多い症状だそうです。

肘は痛いけどゴルフも楽しみたい。その為に意識するところは?

私が、ゴルフの練習場にはじめて行ってゴルフのクラブを振ったときも、やはり肘の痛みはありました。だけど何度か練習場に足を運ぶたび、ゴルフのクラブを振るときには、手首ではなく腰の捻転や体幹が重要であることを指導されました。

初心者はどうしても手首で打とうとしてしまうものですよね。ですが、腰の捻転、体の軸が大切だと言われても、なかなか意識できるものではありません。

どのスポーツ、また日常生活でもこの「体幹」が大切だということを知り、普段の生活、そしてゴルフのスイングでも、「体幹」を意識するように注意してみました。すると、いつの間にか肘の痛みは軽減され、ゴルフでも少しずつボールの芯に当たるようになってきたのです。

自宅で出来る体幹トレーニング

Food that might help prevent dementia

Licensed by gettyimages R

体幹とは、頭と四肢を除く胴体部分のことを言います。体の土台となる体幹筋には、3つの役割があります。

1.体を支える~立つ、歩く、座るなど日常生活の基本的動作を支える
2.手足の動きの土台となる~手や足を伸ばしたり、ジャンプするなどの動作の土台となる
3.捻りや運動の軸となる~ゴルフのスイングや野球でボールを投げるなどの軸になる

体幹を鍛えることで、姿勢の改善や腰痛予防、肩こりの軽減、また基礎代謝をあげることでダイエットにも効果的だといわれています。老化防止にもつながります。

鍛えるといっても、ジムでマシンを使った激しいトレーニングを行う必要はありません。寝ているとき以外は常に動いている筋肉なので、誰でも自宅にいながらトレーニングができるのです。

そのトレーニングのふたつをご紹介します。

フロントブリッジ

1.うつぶせになります
2.肘とつま先で体を支えて、体と床が平行になるようにお腹を浮かせます
3.呼吸は止めずにキープします

この時に猫背にならないように、背中・腰・お尻をまっすぐにします。

2つめのトレーニングは、

水平クランチ

1.仰向けで寝て、膝を立てます
2.体の横に手のひらを下にして床に手をつき、足を90度持ち上げます
3.おへそが見るように、肩と頭を持ち上げます。腕も床と水平に持ち上げます
4.呼吸は止めずに3秒キープします

決してたくさん持ち上げず、おへそが見えるくらいで腹筋に力が入るよう意識することが大切です。

このふたつを一日に数回繰り返すだけでも、体幹は鍛えられます。慣れてきたら、回数を多くしたり、負荷を大きくしてみたりしてみましょう。

他にも、自宅にいながら簡単エクササイズがたくさんありますから、今日から挑戦してみませんか。また、簡単なストレッチも有効的です。硬くなった筋肉を柔らかくすることも大切です。

「体幹」は、普通に歩いているとき、座っているときに、ふと意識するだけでも鍛えられるものなので、日常生活でほんの少し意識するだけでも、必ず効果はあると思います。

肘の痛みを克服して、ゴルフをいくつになっても楽しみたいものですね。ダイエット効果も期待できるのですから、悪いことはありません。

私の場合ですが、いまは肘の痛みもだいぶ軽減され、日常生活も普通に送ることができています。ただし肘の痛みを感じた場合は、必ず医師の診断をしてもらいましょう。症状が悪化すると、手術が必要となる場合もあるそうです。

体幹を鍛える事はゴルフだけでなく、日常生活での怪我の予防にもなります。老化の予防にもなります。美容と健康のため、ダイエット効果も意識して、今日からチャレンジしてみませんか。

健康に暮らせてゴルフも楽しむことができる理想的な生活をするために、日々の体幹トレーニングをされてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

【動画】イボミの捻転がすごい!参考になるスーパースロー動画

  • 2016.09.09

日本で大活躍中のイボミ選手のスイングをご覧ください。超スロー…

ゴルフの怪我②プロも引退に追い込まれる腰痛

  • 2016.07.23

腰はゴルフスイングの中でパワーを生み出す大事な部分ですが、そ…