GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

【おすすめゴルフ場:茨城編】 霞南ゴルフ倶楽部

圏央道が開通したおかげで、以前より茨城県のゴルフ場へアクセス良く行けるようになりましたね。神崎インターチェンジ、稲敷インターチェンジ、どちらからも車で10分の「霞南ゴルフ倶楽部(旧・利根GC)」をご紹介します。

今回は、神崎ICからゴルフ場に向かいました。細い一般道を「この道であってる?」と不安になりながら坂を登りきると、クラブハウスが見えてきました。

 

車寄せへのアプローチも余裕があります。


 

【基本情報】
住所:〒300-0603 茨城県稲敷市伊佐部1450
予約TEL:0299-79-1515
FAX:0299-79-0838
練習場:220ヤード、13打席。10番ホール横には、アプローチ練習場も完備。バンカー練習もできます。


 

クラブハウスの前には、2つのパッティンググリーン。

おすすめポイント

1:戦略性の高いコース

 

前日の雨のせいか、スタート時はコース上に霧が残っていました。
ティーインググランドのティーマークはノウゼンカズラの花を模したマークが使われています。バックティーなのに、可愛らしい!

でも、なぜかレディースティーは普通のマークでしたが・・・ 可愛らしいのはマークだけ。とても戦略性の高いコースなのです。しかもOUTとINの印象が、ガラッと違うトリッキーさも!アマチュアゴルファーの競技会場にもよく使われています。

それもそのはず、設計はあの「加藤俊輔氏」。太平洋クラブ御殿場コースや瀬戸内海ゴルフクラブなどプロトーナメントで使用されるゴルフ場を数多く設計した日本有数のゴルフコース設計家です。

もちろんここ、霞南ゴルフ倶楽部でも、1992年ニチレイインターナショナル、1996年に東レジャパンクイーンズとUSLPGAツアーが過去2回開催されています。
加藤俊輔氏のコース設計メモを一読してから、早速タフなコースに挑戦です!

ドキドキしながらスタートホールに向かうと、あれ?意外とフェアウェイが広い。そしてティーインググランドからグリーンが見えます。フェアウェイも手入れが行き届いてフカフカ。難しいと言うけど、それほどではないのかな?と思ったら大間違いでした。

 

9番ホールの左ドッグレッグ。フェアウェイは広いのですが、外すとアンジュレーションのあるラフが待ち構えています。しかも夏のラフは粘り気が強い!

フェアウェイにまっしぐらのナイスショットも、アンジュレーションで隠れていたバンカーに入ってしまったり・・・ブラインドになっている池にポチャ・・・

ラッキーよりも、アンラッキーの確率が高いラウンドとなりましたが、持っているゴルフクラブをまんべんなく使った珍しいラウンドになりました!男性にとっては、少し距離が短く感じるかもしれませんが、その分コース内のあちらこちらに加藤俊輔さんのこだわりや罠が仕掛けられていますよ!

残念ながら、カートにGPS対応のコースガイドがついていないので、セルフでプレーする場合は、事前にコース案内(OUTIN)をしっかりチェックしておくことをオススメします。

2:充実のメニュー@レストラン

食事は、ゴルフ場の評価を左右しますよね? ご安心ください。こちらのレストランは、メニューが本当に充実しています。→メニューはこちら

朝食メニューが5種類。和食・洋食共に、空腹具合に応じたボリュームが選べます。単品でのオーダーも可能なので、少食ちゃんも大食いさんも大満足。

ランチメニューは驚きの17種類!! そのうち7種類は新メニュー。シェフの意気込みを感じますね。麺類・肉・魚それぞれ数種類ずつメニューがあるので、「選ぶ楽しみ」があります。

「数が多いと迷いそう・・・」という方。入口には、オススメメニューが並んでいるので、そちらを参考にしてみてください。

 

今回はオススメの中から、この2品をチョイス。


 

激辛ラーメン(小鉢・白ご飯・デザート付)。 

 

牛ハラミ鉄板焼き(スープ・サラダ・白ご飯付)。お肉も多く、ボリューム満点。大満足でした!

3:多彩なオープンコンペ

毎月1回は当然として、多いときは2~3回オープンコンペが開催されているようです。1人予約専用ページも完備されているので、仲間を集めなくても気軽にオープンコンペに参加できますよ。

4:ゴルファー目線のサービス

会員制のゴルフクラブですが、ビジターの方も得する制度があります。即日発行される「霞南ゴルフ倶楽部 クラブカード」は、入会金・年会費無料。来場ごとにポイントが加算され、溜まったポイント利用でお安くラウンドが楽しめます。

また、早朝ラウンドスループレーやジュニア料金の設定など、ゴルファーのニーズに合わせた様々なサービスが充実。メンバーに優しく、ビジターにも優しい、どんなゴルファーも楽しめる様に工夫を凝らしていると感じました。

都心からも1時間。「霞南ゴルフ倶楽部」の罠にはまりに行ってみましょう!

関連記事

ゴルフバイクが何故ヤバいのか

  • 2014.06.17

はい!お疲れ様です~。今日は「Golf Bike」についてお…

ゴルフはたくさんのドラマが演じられています。思わず唸るゴルフ…

  • 2016.03.07

ゴルフのラウンドで残された言葉は、実は一番多いかもしれません…