GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

防寒対策はバッチリですか!?さっちゃんのぶっ飛びゴルフ道vol.2

皆さん、こんにちは(^ ^)
時の過ぎるのは早いもので、今年もあっという間に師走ですね~。ここ数年、暖冬が続いているとはいえ、やはり日本の冬は寒い´д` ;

人一倍寒がりのさっちゃんは、冬場ハワイでみっちり合宿!なんて言えたらいいのですが、しがないドラコンプレーヤーゆえ、そうもいかず…。

関東近郊のゴルフ場で北風が身に沁みるなあ~と感じながら頑張ってます!!

2015y12m10d_141533916

そんな私の強~い味方は、年々改良されている防寒グッズなんです。

特にウェア。お父さん世代のゴルファーの方から

「今の子たちはいい素材のものを安く買えて恵まれているなあ」

とよく言われるように、本当に昔と違って軽くて暖かい最新素材のものが、各メーカーさんから手に入りやすい価格で次々と出てきています。

ウェア選びで私が心がけているのは、動きやすさです。ゴルフスイングは毎回体をひねる動作をしますから、その邪魔にならないようできるだけ薄くて暖かいものを選びたいですね。

私が愛用しているのは、U社のヒートテック+UA社のコールドギアの重ね着。この上にセーター、さらにU社のウルトラライトダウンを羽織ればかなり暖かいです。

ダウンにはどうしてもモコモコ感がありますが、ウルトラライトダウンは薄くて軽い。そのうえ脱ぎ着をしやすいので、ショット前に脱ぎ、ショットが終わったらすぐ着ればスイングへの影響もありません。

ここからは女性の方にしかご参考にしていただけないかもしれませんが、ボトムスの下はタイツです。スカートの時は2枚重ね履きをしてからショートスパッツを履く場合もあります。

バックヤードはこんな感じかな。その上にホカロンをお腹と背中にピタッと貼れば完璧!!

これはお腹だけでも腰だけでもだめです。特に後ろ側は腰ではなく背中。肩甲骨と肩甲骨の間に貼ることが大切ですよ。

仕上げは「三首」を守ること。

昔からの言い伝えで「首から風邪をひくから冷やしちゃいけないんだよ」というおばあちゃんがいますよね。さっちゃん、本当にその通りだと思う。

そして人間の体には三箇所の首があります。喉仏のところだけではなく、手首、足首。

この「三首」から冷たい空気が入らないようにすることにより体が冷えにくく、体感温度も2~3度違ってきます。

首、手首、足首を保温することは、怪我の防止にもつながるから一石二鳥です。

ただ保温してはいても、夏場に比べて関節は硬くなっている場合が多いので、クラブを振る前には入念なストレッチと準備体操を行いましょう。

また、転倒事故を起こさないよう足元には十分すぎるほど注意して歩いてくださいね。

2015y12m10d_141551644

2015y12m10d_141606141

首はネックウォーマー(薄手の物ならしたまま打てます)、
手首はハンドウォーマー(代用できるヘッドカバーもあります)、
足首はレッグウォーマー(男性でもオシャレに使用できます)。

私もそうなんですが、一度使ったら手放せない三種の神器になっちゃいます。

今日は暖かくなりそうという日でも、冬場は天候の急変に備えて是非キャディバッグに入れておきたいですね。

寒い時期はどうしても体の動きが思うように行えない、怪我をしやすい、コースコンディションが良くないのでいつもよりプラス5打くらい打ってしまう。

こういうこともありますから、スコアやスイングに執心するのではなく、暖かい飲み物を入れたポットでも持って、体を動かして気分転換しに行くぞ~くらいの気持ちで出かけるといいでしょう(-_^)

さっちゃん!これから予約を取ろうと思ったけどどうしよう…という方は、温暖な地域の南斜面に設計されたゴルフ場を探してみては?

もちろん気温が上がってくる9時台、10時台のスタートがオススメです。

 

関連記事

間違ったストレッチをすると、プレーに悪影響?! 競技前に行う…

  • 2014.12.16

これからの冬季節は、ゴルフにとっては最も辛い季節ですよね。厳…

トホホな海外ゴルフ体験記 東南アジア編「最低限の英語もできず…

  • 2015.03.13

冬のゴルフツアーは1ヶ月2回程度の割合で出かけるので、近隣国…