各メーカーさんはニューモデルを発売するたびに『前作よりもさらに飛距離がアップ!』なんてキャッチコピーを付けていますね。確かにゴルフギアの性能は日々進化しています。でも実際は前作と比較してみると、飛距離はそれほど変わらないのが実情……。最悪の場合、前のモデルの方が飛んでいた!なんていう人もいらっしゃいます。

だって、ニューモデルが出る度に2~3ヤードずつ飛距離がアップしていったら……?1年ごとに新作が発売されるとすると、10年で30ヤードも飛距離が伸びることになっちゃいます。これってあり得ないでしょ!?

ゴルフクラブは新しけりゃ良いってものでもありません!中古ショップに勤める私が、独自の目線で「古いけどこれは飛ぶ!」というクラブを勝手にランキングしました。

もちろん、SLEルール適合のドライバーを厳選しておりますのでご安心を!

【第1位】キャロウェイ HYPER E・R・C

2015y12m28d_152042876

2007年10月発売

“SLEルール”なるものにより、高反発モデルが規制される直前に発売されたモデルです。

私がお客様に『安くて飛ぶドライバー何かない?』と聞かれた時には、必ずおススメするドライバーです。45インチと今のクラブに比べると短めではありますが、その分ミート率が良い点もおススメポイントです。

が、残念なことに最近は店頭であまり見かけなくなってしまいました。

「日本専用モデル」の定番ぶっ飛びドライバー!

このドライバー……実は“日本専用モデル”として発売されたことはあまり知られていない事実。

前作の「ERCⅢ」も飛ぶクラブとして人気がありましたが、この「HYPER E・R・C」はオフセンターでヒットした時の飛距離のロスが前作よりも少なくなり、左右のブレが軽減されています。

また、打ち出し角度が高く高弾道で飛ばす設計になっています。総重量も標準シャフトで295g(Rフレックスの場合)とやや軽めなので、シニアプレーヤーでも十分に使えるドライバーです。

60代後半の私の叔母も女性ですが、いまだにこのドライバーが手放せずに7年ほど使っています。どのドライバーを使ってもこれより飛ぶドライバーはない!とニューモデルの飛距離に納得がいかず、このドライバーに戻した人を何人も知っています。

これはイチオシ!本当によく飛ぶドライバーです。

【第2位】テーラーメイド R580

2015y12m28d_152057942

2002年1月発売

えっ!?古すぎじゃない?と思われるかもしれません。実は私も、このドライバーが飛ぶものだということをお客様から教えていただきました。

このドライバーが飛ぶということが口コミで広がり『あの店にいけば探してくれるよ!』ということで、発売から14年近く経つというのに1か月で7本も売れた実績のあるドライバーです。

古いのに低反発、小ぶりなヘッドでかっ飛ばせ!

こんなに古いんだから高反発モデルで飛ぶんでしょ?と思っていたのですが、実はSLEルール適合のれっきとした低反発モデル。(R580シリーズは高反発モデルもあるので要注意。スコアラインがあるUSAモデルは低反発モデルとなっています)

ヘッド体積400㏄の小ぶりなヘッドは操作性もよく、低スピンで飛ばすタイプです。ヘッドが小さすぎて頼りなさそう…と思われる方は、440㏄のR580XDがおススメ。このXD(エクストラディスタンス)という名の通り、飛ばせるヘッドです。

古すぎる故に店頭で探すのは大変かもしれませんが、今のネット力を駆使すればまだまだ見つかるドライバーです。

【第3位】ナイキ サスクワッチ460

2015y12m28d_152111608

2007年10月発売

「黄色いナイキ」というと、音が……というイメージがありますね。それだけで食わず嫌いな方もいらっしゃいますが、この「サスクワッチ460」は高めの打音はするものの、後発のSUMOシリーズに比べると音はさほど気にならないかと思います。(音に関しては好き嫌いがありますので個人的な主観として……)

タイガーウッズ使用、方向性抜群の優良モデル!

音さえ気にならなければ、つかまり飛距離共に申し分ないドライバーです。ヘッド体積460㏄のシャローフェースで重心距離も長く、方向性も抜群です。オートマチックなドライバーゆえに物足りなさを感じる方にはツアーモデルをおススメ。こちらは操作性もよく叩けるドライバーで、やや上級者向けかと思います。

世界的に有名なプロゴルファー、タイガーウッズが長期間使用していたことも、良いドライバーであることの証です。最近のモデルコバートよりも飛んだ!という評価もあります。

【第4位】ヨネックス NANOV NEXTAGE

2015y12m28d_152135604

2009年2月発売

かつて石川遼プロが使用していたモデルとして有名なこのドライバー。どうもテニスやバドミントンのブランドイメージ強いせいか、中古市場でも人気薄のYONEX。そのため中古市場でも可哀想なほど安価な価格で推移しているクラブですが、このドライバーは飛びます!

石川遼使用は伊達じゃない!コストパフォーマンス最高の1本

クラブアナライザーのマーク金井氏が『プチドラコンドライバー』と絶賛したドライバーです。430㏄のディープヘッドは小ぶりでつかまりにくい感じもありますが、構えやすくいい顔をしています。ロフトは表記よりも若干多めに感じますので、9°位のロフトでも結構高弾道を描いてくれます。

430㏄に自信のない方は、460㏄タイプもあるのでそちらがおすすめ。安定性もあります。460㏄タイプは46.25の長尺タイプもあるので、さらに飛距離が期待できます。

打音は“ブシュッ”と低めの感じなので、ゼクシオのような高い金属音がお好きな方は気に入らないかもしれません。しかし、コストパフォーマンスは最高。価格以上の仕事をしてくれることは間違いありません。

【第5位】ヤマハ インプレスX 4.6V

2015y12m28d_152149552

2007年12月発売

決してやさしくはないこのモデル。ですが、芯を喰った時の何ともいえない打感と“バシ~ッ”という打音とともに放たれる一発は、見事な飛距離を生み出します。

コアなゴルフファンこそ使うべき、低弾道で飛ばせるドライバー!

重心が高い割に低スピンが打てるヘッドなので弾道は低めですが、吹け上がることなく低弾道で飛ばせるドライバーです。シビアなヘッドなのに標準シャフトは意外とソフトなスペックです。

とにかく叩けるヘッドなので、標準シャフトでは物足りないと感じる方も自分に合ったシャフトに挿し変えて使ってみて欲しい1本です。あの谷口徹プロが賞金王を取った年に、シーズン途中からこのドライバーを使ったというのもうなずける1本です。

【番外編】テーラーメイド SLDR S

2015y12m28d_152208984

2014年5月発売

古くても良い!というテーマですが、私の最近のドライバーの一押しがコレ!

SLDRとはまるで別物!即買い必至の爆飛びドライバー!

「SLDR」のイメージが悪すぎて(あまりにも売れなくて、途中からロフトアップすれば使えます的なメーカーさんの販売戦略にもゲンナリ……してしまった私)実際あまりお客様におススメすることの少なかったSLDRでしたが、後発の「SLDR S」はSLDRとは別物のドライバーです。

SLDRよりも弾道も高めなので、それほどハイロフトにしなくても十分な弾道が望めます。とにかくスゴイ!飛びます!

私の知人がこのドライバーを試打してみたら、いままで練習場で当たったことのない高さのネットにバシバシ当たると興奮気味に話してくれました。もちろん彼、即買いです!

テーラーメイドの早すぎるほどのマークダウンによって、新品でもかなり安くなっています。最近のテーラーメイドには珍しくカチャカチャ(ロフト変更機能)が付いていない点も気に入っています。

【最後に】自分だけの『ぶっ飛びの1本』を見つけよう!

いかがでしょうか?
最新モデルも魅力的ですが、古くても飛ばせるおすすめドライバーはたくさんあります。

最新モデルは価格も高いので、「いろいろ買って試す」ことはなかなかできません。しかし今回ご紹介したクラブは、番外編以外のものは諭吉さん1枚でお釣りがくるものばかり。気軽に試せる価格です。

カスタムシャフトが入っていたとしても1万円前後。ご自分のお気に入りのシャフトが入ったモデルを探してみるのも面白いと思います。

ぜひ、あなただけの『ぶっ飛びの1本』を見つけ出してくださいね!

【関連記事】
飛距離300ヤード超え!アダム・スコットのスイングを学んで目指せシングル!
えっ?アマチュア男性のドライバーショットの平均飛距離が150ヤード?!その真相に迫る
「スイングは力を抜いて打つ」の誤解とは?本当の意味を徹底解説!
あなたも実は飛ばせている方?「ドライバー飛距離の基準」とは
【動画】参考にしたい女子プロショット集:2016年版