GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

ほんの些細な「気になること」ことがゴルフのスコアを落としているかも?

Licensed by gettyimages R

ゴルフは心の状態が結果を大きく左右するスポーツ

ゴルフは、他のスポーツと比較して「メンタルコントロールが重要な競技」であると言われていますよね。
基本的には、あまり一喜一憂することなく、なるべく同じ精神状態を保ったままラウンドしたほうが結果が良くなる(良いスコアーが出る)と言われています。

また、「リアルタイムの意識」がとても重要となっているのもゴルフの特徴と言えます。前のホールでのミスをラウンド中に振り返ること(過去への意識)はその後のゴルフ内容を悪い流れへと導いてしまいます。

逆に次のホールでは、なんとかパーorバーディーが欲しいとその先のこと(未来への意識)を考えすぎるのも、案外悪影響を及ぼす要素となるものなんですよね。いかにして、現在行っているプレーに意識を持ち続けていられるかがポイントとなるものです。

「気になること」を解消・消去しましょう

ゴルフを長くやっていると、あらためて思うのが「本当に些細な心の状態がゴルフ結果に大きな影響を与える」ということです。

ある日のゴルフで技術的な要素がラウンド中に突然変わることなど、ほとんど無いものです。でも、傍から見ていると突然ゴルフの内容が変わったと感じるようなケースって多々ありますよね。

周りから見ていると、「技術的な要素が変化した」と感じるわけですが、実際には「心の変化」が結果を左右していることのほうが多いものです。

ラウンド中に、何か気になること(スイングなどの技術的な要素以外にも、人間関係や他の要素も含む)や気がかりなことがあると、何故か上手くスイングが出来ない・・結果的にスコアーが悪くなるといったことに直結する傾向があります。

ですから、ゴルフ当日にスコアーUPのための処方箋のひとつとなるのが「気になることを解消(消去)する」ことなんですね。
「靴紐の長さが気になる」とか「キャップの汚れが気になる」など、本当に些細なことでも、気になる要素を感じたらプレー前(プレー中)にそれらの要素を実際に改善しおくことをおすすめします。

「靴紐の長さをきちんと調整しておく」「キャップの汚れをふき取るor別のキャップをかぶる」など、実際に気になった要素を解消しておくことがポイントとなります。

単に気にしないようにしよう・・と思うだけでは、潜在意識に残っていてネガティブな影響が身体動作に現れてくるということもありますよね。

積極的に「お気に入り」の要素を増やそう

さらに、もっと積極的にスコアーUPをはかることを考えたときには、「お気に入りの要素を増やすこと」をぜひ、心がけてみてください。こちらも些細なことで良いのです。

ホジティブ心理学という学問があるのですが、そんな研究の中でも「お気に入りの要素を沢山有していること」が行動要素にも大きな影響を与えることがあるということが示されています。

プロゴルファーでも、全てのウッドに可愛らしいヘッドカバーを付けている選手も多々いますよね。お気に入りのボール(ブランド・デザイン・色)を見つけて、いつも同じボールを活用するといった、些細なことがスコアーにも直結するものなのです。

実際、「気になること」の解消と「お気に入り」を増やすことを心がけるだけで、3打から5打くらいスコアーを縮めることに繋がることもあるもの。試して損は無いかと思います。

ちなみに、私が陥る「気になること」の第一位が、「ボールマークとして利用している500円玉を忘れること」だったりします。
不思議なんですが、500円玉を持参することを忘れたときは、パット数が普段の1.3倍程度になってしまいます。
本当に不思議なんですけどね…。

関連記事