GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

上体を垂直にして右足を引けばテークバックしやすくなる!

上体を垂直にして右足を引けばテークバックしやすくなる!

左足下がりのアプローチのときも、左足上りのときと同様に、下半身は傾斜なりに立って、上半身を垂直に保ったまま、胸の水平回転で打つことが大切です。

上半身も傾斜に対して垂直に立ってしまうと、インパクトからフォロースルーにかけてバランスを崩し、手打ちになりやすくなります。それを避けようとすると、インパクトで上体が突っ込んでしまいます。

傾斜が強いとテークバックのときに左足が邪魔になってしまいます。スクエアに構えたところから右足を後方に引いて、クローズスタンスで構えましょう。

左足下がりでは、右足が高い位置にあるので、ダフったり、捕まりが悪いように感じます。そんな場合も、クローズスタンスに構えることで、テークバックが鋭角になります。胸を水平回転させるだけで、自然にダウンブローのスイングができます。

上体の姿勢は平地と同じ。下半身だけで傾斜に対応する!

左足上がりのときと同様に、下半身は傾斜なりに、上体は垂直に立つことが大切です。胸のラインを水平に保って、胸の水平回転で打つのが基本です。斜面に垂直に立ってしまうと、下半身に力が入って股関節を柔らかく使えなくなります。

上体を垂直に保つことで、インパクト後にバランスを崩す心配がなく、股関節を柔らかく使ってスイングできるようになります。

窮屈なテークバックがミスを引き起こす!

テークバックで右足のつけ根が邪魔になるようなら、右足を後方に引いてクローズスタンスで構えましょう。

スムーズなスイングができるだけでなく、ヘッドが鋭角に下りるようになるので、ダフりの心配もなくなり、ボールが捕まりやすくなります。

関連記事