舞台は、2014年ヨーロピアンツアー、アバディーン・アセットマネジメント・スコットランドオープンの13番436ヤード。
ローリー・マキロイがドライバーを握りショット!

目に留まらぬスイングスピードで、可愛そうなくらいに強く打ちこまれたボールは、な・な・なんと、一気にグリーンへ。グリーン上では、前の組がパッティングの最中。

「どこから飛んで来たの?」と信じられない様子でボールを見つめるキャディさん。これでは、怒る気にもなりませんね。

スロー映像もありますよ。436ヤード1オン?

参照元:YouTube

詳細は、動画をクリック

一度でいいから300ヤード飛ばしてみたいという方はシェア!

あなたのドライバーの飛距離は?!