GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

初心者が最初に持つべきクラブとは?ゴルフクラブ虎の巻

Licensed by gettyimages R

最初の打ちっ放しに適したクラブ

初めてゴルフクラブを振る場合、ゴルフ練習場(打ちっ放し)に行って、まずは7番アイアン、なければ8番か、9番アイアンを打ってみるのがオススメです。これらのクラブは俗に、ショートアイアンといわれるものです。

理想的なショットとは、ボールが前方へまっすぐに飛んでいくこと、といえます。
始めたばかりのゴルファーに限らずありがちな失敗は、ボールを打つ瞬間、つまりインパクト時にクラブのフェイス(ボールを当てるべき平らな面)にまっすぐ当たらないことで起こります。
そのことにより、ダフリ(ボールの下方を打つため地面を叩いてしまう)、トップ(ボールの上方を打つためボールが上がらず転がってしまう)、スライスやフック(右や左に曲がること)などのミスショットとなってしまいます。

ミスショットにはさまざまな原因がありますが、とかく長いクラブは扱いにくく、慣れないうちはバランスを崩したり振り回されてしまったり、少し慣れてきても振り遅れてしまうことが往々にしてあるのです。

そんな失敗を回避するためにも、7番アイアンくらいの長さが扱いやすいクラブが、初めてのものに適しているといえます。

しばらくショートアイアンを試して、グリップの握り方、姿勢などアドレス(足の位置を決めてボールを打つためにクラブを構えること)やスイング(クラブを後ろへ引き上げてから振りぬくまで)が身体になじんできたら、いよいよドライバー(ティーショットを打つための1番長いウッド。1W)など長めのクラブや、短いクラブも試してみるとよいでしょう。

クラブの構造と種類、基礎知識

ゴルフクラブの構造は、ヘッド(ボールを打つ部分)、シャフト(柄の部分)とグリップ(握る部分)という、3つの要素で構成されます。

そして種類は、大きく分けて3つ。「ウッド」「アイアン」「パター」とあり、違いはヘッドの形状と長さが異なることです。

ウッドはヘッドが大きく、主に飛距離を出すためのクラブです。
アイアンはヘッド部分が平たくフェース面に角度があり、狙ったところにボールを運ぶためのクラブで、それぞれ長いものから1番、2番…と数字がふってあり、長いクラブほど長距離を打つために適した設計になっています。
パターは主にグリーン上で使われる、ボールを転がすクラブです。

また、最近は「ユーティリティ」と呼ばれる種類のクラブが出てきて、定着しているようです。機能や形状が「ウッド」と「アイアン」の中間のような特性があり、飛距離を出すことも、上にあげて狙ったところに運ぶことも比較的簡単で、初心者にも扱いやすいクラブといわれているので、試してみる価値はありそうですね!

なお、競技で使用できるクラブは、ひとり最大14本までと決められています。組み合わせに決まりはありませんが、「ウッド」3~4本、「アイアン」8~9本と「パター」1本のセットになっているものが多く、通常キャディーバッグに入れて持ち運びます。

こんなに道具を持ちかえてプレーするスポーツは、他に見当たりません。しかしながら、それがゴルフの醍醐味といえます。飛ばしたい距離やボールが置かれた状況に応じて、ふさわしいクラブを使い分けて、考えながらプレーすることが、なんとも面白いのです。

余談ですが、ステンレスやチタンなどの金属製なのに、なぜ「ウッド」と言うのでしょう?
実は、1980年代頃までは、柿の木(パーシモン)で作られたウッドが主流で、木製の時代が長く続いたことから、現在も総称して「ウッド(Wood)」と呼ばれている、ということのようです。

最初は、おさがりや中古で充分!

ゴルフクラブは、決して安い買い物ではありません。
最初は、中古のクラブでリーズナブルにそろえることをお勧めします。
それか、おさがりをくれる・・・なんて人が見つかればラッキー!と思ってありがたくいただくのもアリですね!

練習を重ねていくうちに、自分のレベルや体力に見合うクラブのタイプもハッキリしてくるので、中古ショップで店員さんのアドバイスを受けながら見繕ってみるといいでしょう。

近年は、一般的な男性用以外に、レディス向け、ジュニア向け、シニア向けに設計されたクラブ、さらに初級者、中級者、上級者向けや自分の好みにカスタマイズできるクラブが登場するなど、ラインナップが非常に充実しているようです。
試行錯誤しながら自分に相応の道具を見つけていくことで、ステップアップの達成感が得られますし、何より自分に合うクラブを使うことは、上達への近道になるといえます。

ただし、やはり高価なものであることに変わりないので、信頼できる店員さんの推奨品でも、決して衝動買いにならないように…。購入前に、できれば同性で年齢や体格が近いゴルフ仲間やインストラクターに意見を求めるなど、熟考してから購入することをオススメします!ちなみに私の初ゴルフクラブセットは、母のおさがりで年代物PRGRをもらいましたが…。

始めてからしばらくは、ドライバーから9番アイアンまで、どれを打っても飛距離に大差はありませんでした(笑)。

 

関連記事