GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

初心者アドバイス×ピヨゴルファー・ぴぴ「視線の先に・・・」

Licensed by gettyimages R

今回も、まんがの後にぼびじょん子さんが解説&コメント!

視線の先に・・・

ぼびじょん子’sアイ

BJ-ぼびじょん子

マナーの小姑、ぼびじょん子です。
彷徨うビギナーのぴぴちゃん、今日もかわいいですね♪

相変わらず研究熱心なぴぴちゃん。他のゴルファーのスイングを一心不乱に見て勉強していますね。
さすがです!人のスイングを見習うことも、ゴルフの上達には欠かせませんよね。

よどみなく小気味の良いスイングをしている人が目に入ると、じっくりと見てみたいのが人のサガ。上手な人の球筋や弾道を、打つ人の目線でリアルに追いかけて見たいものですよね。
そしてその上級者も、自分が他のプレーヤーに注目されていることは、百も承知二百も合点なんですよね、きっと。

見学時はマナーに注意!

そこで守りたいのが、見る側のマナーです。

■打席に立つ、他のプレーヤーの真後ろに立たないこと。
■プレーヤーがアドレスに入ったらむやみに動かず、音を出さないこと。

打つ人の真後ろに立って見ていると、視界に入って気が散り、集中を妨げてしまいます。
今からスイングする人にとっては、微妙に動く気配や少しの音でも気になるものなんです。
どうしても見たい場合は、真後ろは避け、真後ろより左右にずれて見ること。そして音を立てず、静かに見守りましょう。

悪気はないのだけど・・・

NGマナーの行為って、案外悪気なくやってしまっていることが多いんですよね。

練習場だから大丈夫と、慣れてしまうとなかなかあとから気づけないもの。

現場(ゴルフ場のコース)に出てから、例えば前の組(面識のない人たち)のティーショットを待っている間に、同組の仲間内で話している大声から、とんでもないトラブルになってしまうことだってあるんです。
前の組のティーショットは静かに見守り、ボールの行方を目で追って、フェアウェイをキープしたら「ナイスショット」と声をかけるくらいの余裕のあるプレーヤーを目指したいものです。(ナイスショットでなければ言わなくていい言葉です。念のため)

ついでに、最近練習場で見たその他のNGマナーを少しだけ。
打席以外の場所で素振りをすることはやめましょう。←本当に危ないです。
打席内で、携帯電話の大声通話は控えましょう。←人がいない場所で通話しましょう。

しかしぴぴちゃん、本当に丸みが増してきましたね。
参考になるスイングが定まったら、今度はスイング練習に精を出してシェイプアップを目指しましょー!卵型に逆戻りしちゃいますよ(笑)。

関連記事

鏡をうまく使って自分のゴルフスイングをチェックする!

  • 2015.04.13

ショッピング中に大型の鏡があると、つい素振りの恰好をしてみた…