GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

大東建託・いい部屋ネットレディス【2015】の結果|女子ゴルフ 結果速報・ランキング等

Licensed by gettyimages R

第1回大東建託・いい部屋ネットレディス開催

2015年度LPGAツアー第20戦「大東建託・いい部屋ネットレディス」が、7月31(金)から8月2日(日)の3日間、山梨県南都留郡鳴沢村の鳴沢ゴルフ倶楽部を舞台に行われました。

【試合結果】
優勝:原江里菜(はら えりな)
スコア:通算 -9 (1R:67 2R:69 3R:71)

選手紹介:1987年11月7日生まれの27歳・愛知県豊田市出身・B型。ジュニア時代からナショナルチームのメンバーとして頭角を現し、2005年には日本ジュニアで初優勝、世界ジュニア個人戦で2位入賞を果たす。2006年に東北福祉大学へ進学。その年のQTを通過して2007年から女子大生プロゴルファーとしてデビューし、参戦1年目から数々の実績を残す。2008年8月のNEC軽井沢72ゴルフトーナメントで、プロ転向後の初優勝を飾る。

日本女子プロゴルフ協会33分前 · .『大東建託・いい部屋ネットレディス』最終日7年間の呪縛を振り切った。率直な気持ちを原江里菜は、「解放」と表現。長い、長い1日を、第1日からの完全Vという最高の結果で締めくくった。初優勝から2…

Posted by I Love Lady"s Golf on Sunday, August 2, 2015

今大会の見所(ハイライト)

国内女子ツアーの新規大会として注目を集めた本大会。
会場となった鳴沢ゴルフ倶楽部は、標高1,000メートルの高地に位置し、飛距離が通常より伸びることも注目要素となりました。

1日目、オープンウィーク明けからの2戦で、2位タイ、8位タイと調子を上げている原江里菜(はら えりな)と、高校時代に鳴沢ゴルフ倶楽部で腕を磨き、この日唯一ノーボギーとした青木瀬令奈(あおき せれな)が、5アンダーの首位タイでスタート。

2日目、前日、1オーバーの50位タイで、第1組からスタートした新垣比奈(あらかき ひな)。6アンダーの66としてこの日のベストスコアを出し、一気に3位へ浮上します。

前週、今季初優勝を遂げたアン・ソンジュは、今週も調子の良さを見せました。この日は3つスコアを伸ばし、2位の好位置で最終日を迎えます。

2位に2打差をつけて、通算8アンダーとスコアを伸ばした原は、首位を守り、虎視眈々と7年ぶりの優勝を狙います。

3日目、本大会では前日まで通算1アンダーの22位タイと、パッとしたところのなかったイ・ボミ。5組目の早い組でスタートしたものの、この日8バーディ1ボギーと、7つスコアを伸ばし、気が付けば首位に並んでホールアウト。
またもトップ争いに絡んで、強さを見せつけます。

『大東建託・いい部屋ネットレディス』最終日優勝は逃しても存在感を見せつける。それが実力者の証だ。最終日、イボミが猛チャージで1打差の2位に食い込んだ。これでイは今シーズン、7度目の2位。「いろいろな記録を更新して、賞金女王になりたい」とい…

Posted by 日本女子プロゴルフ協会 on Sunday, August 2, 2015

最終組で回る原、アン・ソンジュ、新垣の組は、最後まで試合を盛り上げる内容を見せてくれました。

前半に硬いプレーが続いた原は、イ・ボミに追いつかれた後半からチャージをかけてきます。
14番、第3打のスーパーショットがピンについてバーディを奪取。続く15番は2打目のバンカーからのショットがピンに寄って、連続バーディ。首位を奪還します。

アン・ソンジュは1番、2番と連続バーディで幸先いいスタートを切って、原にプレッシャーをかけていき、一時は首位に立ちます。終盤で首位を譲るものの、終始落ち着いたプレーで元賞金女王の貫録を見せます。
最終18番では、3打目のショットがカップへダイレクトにイン!しかしカップに跳ね返されてバーディフィニッシュとなります。
あわやイーグルのスーパーショットで、最後まで好調の勢いを見せてくれました。

自身初の最終組で回った新垣は、集中力を維持したプレーが光ります。最終日はなかなかスコアを伸ばせなかったものの、自分のプレーに没頭している空気感が伝わりました。
16番のナイスアプローチはあとわずか、芝目に阻まれた惜しいプレーもありましたが、堂々の7位タイフィニッシュ。
アマチュア史上初、3週連続トップ10フィニッシュを飾り、その名を歴史に刻むことになりました。

イ・ボミは最終日追い上げを見せたものの、今季7度目の2位フィニッシュ。シーズン最多となる8回の2位以上の獲得も、今季の彼女には狙えそうな記録かもしれません。

このところ好調が続いていて、優勝を予感させていた原は、終始落ち着いたプレーで、7年ぶりに悲願の2勝目を飾りました。2勝目が難しいといわれる壁ですが、優勝インタビューでは、乗り越えた自信がみなぎる表情を見せてくれました。
3勝目もそう遠くないのでは、と期待させる内容の3日間でした。

次回の女子ツアー情報と「みどころ」―ぼびじょん子の視点

大会名称:meiji カップ【2015】
日程:2015年8月7日(金)~8月9日(日)
会場:札幌国際カントリークラブ 島松コース(北海道) / 6,500Yards Par72(36,36)
賞金総額:¥90,000,000

次回、meiji カップは、1978年に「北海道女子オープン」として開催されて以来、今年で38回目となる大会。
今年は、地元・北海道出身選手、菊地絵理香(きくち えりか)と藤田光里(ふじた ひかり)の出場が決まっているので、凱旋試合として北海道のゴルフファンにとっても楽しみな大会、ふたりの選手にとっては気合の入るものになりそうです。

札幌国際カントリークラブ島松コースは、白樺、なら、くりなどの天然林でおおわれる、自然豊かな林間コース。フェアウェイはあまり広くなく、アンジュレーションに富んでいるので、狙いをしっかり定めることが攻略のカギとなりそうです。

後半戦に入って調子を上げてくる選手、変わらず好調を保つ選手たちの熱い戦いが、凌ぎやすい気候の中どのように展開されるか、注目されます。

 

関連記事