ぴったりしたウェアで強調されるバストのボディラインや、ミニスカートからスラリと伸びる美脚を、コースで惜しげもなく披露するシンエ。韓国男性ギャラリーの視線を釘付けです。

2014 Ladies Masters - Day 2

Licensed by gettyimages R

来季は日本登場も

そのシンエが、8月17日から神奈川・清川カントリークラブで開催されたJLPGAの第1次クオリファイングトーナメント(QT)に出場しました。3日間で行われ、初日は3オーバーの27位タイでしたが、2日目2アンダーのトータル1オーバーとして6位タイに上昇。最終日はイーブンで回り7位と、セカンドQT出場権を得た19名に入りました。

今後、セカンドQT、サードQTを突破し、ファイナルQTで上位に入れば、来季の日本ツアーでの出場機会が得られます。日本の一部ファンからも、その美貌が注目されているアン・シンエがいよいよ日本デビューとなる可能性が増えてきました。

日本のネットでは「アン・シネ」として知られていることが多いようですが、彼女の名前の英語表記は「Ahn Shin Ae」で、今回JLPGAの成績の日本語表記は「アン・シンエ」とあります。

実力より人気優先

シンエは2008年韓国でプロ入りし、2009年には新人王となり、2010年には2勝して賞金ランキング3位となりました。昨年はKLPGAチャンピオンシップで久しぶりの優勝を飾り、賞金ランキング18位。今シーズンは4大会に出場していますが、上位に入れていません。

ロングドライブを誇る韓国女子ゴルファーの中で、シンエの飛距離ランキングは119位と上位ではありません。逆にフェアウェイキープ率10位、パット数13位、リカバリー率17位(すべて2015年のランキング)と、手堅いプレーが彼女のゴルフスタイルと言えます。

Evian Masters - Day Two

Licensed by gettyimages R

そんな彼女が一躍有名になったのはスキャンダルでした。2013年に日韓でもスターの東方神起ユチョンとの熱愛報道が大きく取り上げられ、「アン・シンエって誰?」と話題になったのです。

整形もオープンに

また、彼女の古い写真を見ると違和感を覚えるでしょう。そこは整形大国・韓国ですね。シンエ自身も整形したことを否定していません。それどころか「自分はゴルフ選手であり、女でもあります。美しくなることには興味があります」と、自らの美貌を披露することに積極的です。

SNSに自分の水着姿をアップするなど、サービス精神も旺盛です。そこは「セクシー・クイーン」、彼女が日本のツアーに登場すれば、実力よりもその美しさに日本の男性ファンが虜になるのも無理はないでしょう。

QTとは?

シンエが出場したJLPGAのQTですが、一口に言えばシード権を持っていない女子プロやアマチュアが、翌年のツアー出場の権利を得るために争う大会です。ファーストからセカンド、サード、ファイナルとあり、今年12月まで開催されます。

最後のファイナルQTの成績により来季の出場資格ランキングが決められます。ツアートーナメントやステップ・アップ・ツアーでは毎試合参加選手の補充があり、QTランキング上位の選手であればより出場機会が増えることになります。

Evian Masters - Day Two

Licensed by gettyimages R

アン・シンエはこのQTの第一関門を突破しただけで、さらにセカンド、サードから最終のQTランキングの上位を争う、とまだまだ高いハードルが待っています。

女子選手の中には「ツアーでシード権を取るぐらい、QTも厳しい戦い」と言われています。それでも、セクシー・クイーンの登場を待ち望む男性ファンも多いでしょう。12月までの結果が楽しみですね。