見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

女性ゴルファーのファッションを変えたミス・グロリア・ミノブリオ

  • 2016.04.11

国内女子ツアーも開幕し、美人プロゴルファーのミニスカート姿に、テレビの前で鼻の下を長くしているお父さんたちも多いことでしょう。とにかく、最近のゴルフウェア、特に女性ゴルファーはファッショナブルになりました。

先日、樋口久子プロのプロ生活50周年のスペシャル番組を観ていたら、アメリカツアーに参戦した1970年頃のエピソードの一つとして「アメリカに行って驚いたことは、女性用のゴルフウェアが売っていたんです」ということを話されていました。

当時の日本の女子プロたちは、小さめの男性モノのゴルフウェアを着用していたそうです。女性用のゴルフウェアが店頭に並んだのは、つい最近の話なんですね。

レディスゴルフのファッション史

歴史上の女性ゴルファーの第一号は、16世紀のスコットランドのメアリー女王だ。旦那が亡くなり、フランスからスコットランドに帰国して、すぐに、ゴルフコースに出ていたというから、相当なゴルフ狂であっただろう。

ちなみに彼女がフランスから連れてきたカデットという召使いにバッグを運ばせていたことから、これがキャディの語源になったという。もちろん、このときのプレーのいでたちはロングドレスだ。

19世紀の末になっても、女性ゴルファーは現代女性のように活発に動ける身なりでプレーしていなかったのです。当時の女性ゴルファーの描いた絵画を見ると、頭にはニワトリのトサカのような帽子を被り、夜会に出かけるようなロングドレスをまとっています。おそらくコルセットをしていたのではないでしょうか。

とてもロングショットなど打てそうもないファッションです。パッティングとせいぜいアプローチ程度の球転がししかできなかったことでしょう。もっとも、ファッションに関しては男性も山高帽に燕尾服、それにネクタイ着用です。

1920 WALTER HAGEN

Licensed by gettyimages R



1910年代の後半になると、当時のゴルフ新興国アメリカが自由な国のバイタリティで、先進国のイングランドを凌駕するようになります。その一因がゴルフウェアであるというのが、ウォルター・ヘーゲン(1892~1969年、ニューヨーク生まれのプロゴルファー。全米オープン2勝、全英オープン4勝、全米プロ5勝)の言葉です。

1924年、2度目の全英オープンを制した後、「イングランドのプレーヤーが伝統を重んじて、旧来どおりネクタイを締めて、上着まで着込んでいるのに対して、アメリカのプレーヤーは軽快に動けるセーターでプレーしている。イングランドがアメリカに勝つためには、その窮屈な上着を脱いで、プレーに専念できる服装にすることだ」と言ったのです。

女性ゴルファーの革命児、ミス・グロリア・ミノブリオ登場

20160410-gj1

出典:メイ・ヘズレット著「レディース・ゴルフ」



話を女性ゴルファーのファッションに戻しましょう。全英レディース選手権に3度勝った英国人メイ・ヘズレット著の1904年に出版された「レディース・ゴルフ」によると、当時の女性ゴルファーがどれだけ不自由なファッションでプレーしたかが書かれています。

当時の女性ゴルファーの長いスカートでは、地面の上にあるボールを見ることさえ困難だった。特に強風が吹き荒れるような日は、裾が煽られて、クラブを振ることさえスカートが邪魔をしていた。

雨が降ると長いスカートがびしょ濡れになり、1ラウンドを終えたらヘトヘトになったそうです。服装は人格を表すといいますが、トラディッショナルな習わしが、女性ゴルファーを苦しめていたのです。

女性服飾史によると、スカートの丈が短くなったのは第一次世界大戦(1914~18)後です。女性の社会的地位が叫ばれ、機能性を優先したからです。女性ゴルファーのファッションも、その影響で格段に軽快になりましたが、それでもスカートの丈は脛辺りまであり、しかもタイトなため、スタンスはとりずらかったようです。

そして、1933年のイングランド女子選手権に衝撃的な事件が起きたのです。出場選手のひとりミス・グロリア・ミノブリオが真っ黒なスラックスでスタートホールのティーグラウンドに現れたのです。上半身も黒です。まるで男性のようないでたちでした。

トーナメント会場は騒然としました。ズボンを履いてプレーをした女性は前例がないということで、大会役員たちは急遽会議を開き、ミノブリオに警告を与えることが決定しました。ところが彼女は1回戦で敗退して、そのまま帰宅してしまいましたので、警告には至りませんでした。

そのときの写真は現存していますが、今見る限り奇抜でも奇異でもありません。しかし、当時はあまりにも斬新だったのでしょう。ミノブリオは今で言うぶっ飛んだ女性だったのでしょう。現代の女性ゴルファーファッションのルーツは、彼女かもしれませんね。

時代と共に変わりゆくファッション

男性にしろ女性にしろ、ゴルフファッションの原則は、不特定多数の集まるゴルフコースで周囲の人に不快感を与えないことです。この原則は時代とともに変質していくでしょうが、だからといって良識を疑うようなファッションが不快感を与えることには変わりがありません。

一昔前、ゴルフをやらない家庭にもあったミニスカート姿の”モスト・ビューティフル・ゴルファー” ローラ・ボーのカレンダー、懐かしくないですか?新たなファッションリーダーが現れるのを楽しみにゴルフを観るのも、また良いかもしれません。

この記事を書いたライター

元某ゴルフ雑誌編集長。ゴルフ取材歴30年。現在、フリーランスのゴルフライターとして、単行本、ゴルフコミックの原作など数多く執筆中。

> このライターが書いた記事をもっと読む