傾斜からナイスショットを打てていますか?距離感や方向性が狂ってミスばかりしていませんか?

傾斜の中では、一番簡単だと言われている左足上がりの傾斜ですが、ポイントをしっかり押さえていないとしっかりと打てない方も多いのではないでしょうか。

傾斜からナイスショットするための重要なポイントは”傾斜に逆らわず合わせる”ということ。これから説明する3つのポイントを覚えれば左足上がりの傾斜からナイスショットの確率はグンとUPしますよ!

 

左足上がりを簡単に打ててしまう重要ポイント①

2016y10m15d_193940209

左足上がりの傾斜から打つとどのような球筋になりやすいですか?

思った以上にボールが上がり過ぎて飛距離が出ないことが多いことでしょう。またミスの傾向としてはボールの手前をダフってしまったり、ヘッドが傾斜に突き刺さって振り抜けなかったりすることが多いです。

皆さんは左足上がりの傾斜の時に肩のラインはどのように合わせますか?

ここで一つ目のポイント!
”肩は傾斜に合わせて地面と平行”に構えましょう!

傾斜に沿って肩を平行にすると”ダフリ”や”ザックリ”のミスを限りなく減らすことが出来ます!

また左足上がりの場合、重力の関係でかなり右足に体重がかかった感じになりますがそれでOKです。

左足上がりを簡単に打ててしまう重要ポイント②

2016y10m15d_193955305

左足上がりの傾斜では、フルスイングは必要ありません。フルスイングをすると傾斜地ではバランスを崩しやすく正しいインパクトを迎えることがほとんど出来ません。

つまりフルスイングによるトップを作るための体重移動がミスショットの原因となってしまいます。

ここで二つ目のポイント!
出来る限り“トップをコンパクトにする”ようにしてください。

構えでかなり右足に体重がかかっている状態になっていますので、トップ(手を上げる位置)を大きく上げてしまうと上手く振る事が出来なくなってしまいますので、いつもよりコンパクトに7割程度のキモチで小さく上げましょう。

左足上がりを簡単に打ててしまう重要ポイント③

2016y10m15d_194008535

左足上がりの傾斜では構えただけで右足に体重がかかり、クラブを上げたときにさらに体重が右に掛かりやすくなるのは先に説明しました。

ここで三つ目のポイント!
スイングの際、”左足に体重をかけていく”イメージを持ってください。

インパクト(ボールに当たる瞬間)までにいつも以上に左足に体重をかけるイメージでクラブを振り下ろしましょう。この時に頭も一緒に突っ込まないように肩の平行が崩れないように注意してくださいね。

Jun Hanyuの左足上がりからナイスショットのための“五・七・五”

2016y10m15d_194020314

左足上がりの場面に出くわしたとき、誰でも迷わずナイスショットが打ててしまう簡単”五・七・五”を思い出して唱えましょう!

左足上がりでは“肩平行、小さく上げて、左へGO!”

です。

左足上がりからナイスショットが打てる3つのポイント

2016y10m15d_194030288

左足上がりなどの傾斜地でボールが止まってしまうことはゴルフでは日常茶飯事ですよね。傾斜地からのコツを覚えれば、ミスショットの確率をグンと減らすことができます。

・肩のライン
・トップの位置
・体重移動

この3つのポイントを押さえることで、だれでも簡単に左足上がりの傾斜からナイスショットを打つことができますので、実践してみてください。今まで、私が教えてきた数千人の生徒さんも、これで左足上がりが好きになりました。

ちなみに左足上がりの傾斜では、ボールが上にあがりやすく、いつもより飛距離が出ませんので、傾斜に合わせて一番手以上飛ぶクラブでグリーンを狙っていくようにしてくださいね。

では、まとめとしてレッスン動画をご覧いただき、さらに理解を深めてくださいね。

◆◆『サンクチュアリゴルフ』Facebook◆◆
『サンクチュアリゴルフ』Facebookページでは、
ゴルフレッスン動画やオトク情報を随時投稿しておりますので、
是非『いいね!』お願い致します!
こちらをクリック