ゴルフのルールは初心者に難しい内容が多いですね。コースに出る時のクラブ本数は最高14本まで。誰でも簡単、自分に必要なクラブの選び方について紹介します。

なぜクラブは14本なのか!?

1026_1

 ゴルフを始めた初心者は、そのルール・マナー・専門用語の多さに驚くことでしょう。ゴルフルールの多さは、英国発祥の紳士的なスポーツであり、格調高いのがその由縁です。そんな数多いルールの中で最初に覚えておくべきことがあります。それがクラブの本数です。
 ゴルフ規則4-4-a(クラブの選定と補充)には次の様な記載があります。“プレーヤーは、14本を超えるクラブを持って正規のラウンドをスタートしてはならない。プレーヤーの使用クラブは、そのラウンドのためにスタート時点で選んだクラブに限られる”これは世界共通のルールです。ではなぜ、このようなルールが制定されたのでしょうか?
 舞台は1859年にまで遡ります。全英アマチュア選手権にジラードという選手が出場しました。彼は2台のリヤカーに樽を載せ、その中に55本のクラブを入れて試合に臨んだ…と言われています。現在では考えられないゴルファーですね。苦労したのはキャディさんです。運ぶだけでも大変なのに、55本もあるクラブから選ぶのは相当な時間を要したでしょう。
キャディさんは、ルールを決定するR&Aに直訴し、その結果「クラブの本数は1ダース プラス パター1本の合計13本とする」という意見で一致しましたが…
理事の1人が「ゴルファーは縁起を担ぐ。13という数字は不吉な数です。1本増やして14本としたらいかがですか」
この意見に反対する人はなく、ゴルフトーナメントは14本までという本数の制限が設けられたそうです。
因みに、ゴルフ規則で使用クラブは「14本以内」と定められたのは、1939年(USGAは前年1938年に規則化した)とキャディさんの直訴からなんと、数十年後です・・。
 15本以上のクラブを使用するとペナルティーが付きます。ラウンドをスタートした後に判明すると、周った各ホールに対して2打罰がペナルティーになるのです。また、1ラウンドでは最高4打罰までのペナルティーが課せられます。ゴルフ経験者とコースに出る時は大丈夫だと思いますが、初心者だけでプレイする時には気を付けておきましょう。

得意なクラブで構成する!

 それでは、具体的なクラブの選定方法に入ります。ゴルフのベテラン者になってくると、自分の飛距離・ヘッドスピードやプレースタイルに合わせたクラブの選び方をします。また、コースのレイアウトによってクラブセットを変えていくケースもあるものです。しかし初心者の場合は技術や知識が少なく、そんなアレンジに富んだ選び方はできないでしょう。もっと簡単で基礎的な方法でクラブを選ぶ必要があります。それは、自分の得意なクラブは何か?という基準です。次に挙げる2つのパターンのどちらかがおすすめです。

(アイアンが得意な人向け)

1026_2

 アイアンを中心としたクラブ構成にします。使い勝手の良いユーティリティも数本混ぜながらクラブを選びます。具体的には、次のような選択です。

・ドライバー1本(1W)
・ウッド型ユーティリティ2本(17~18、20~21)
・アイアン型ユーティリティ1本(23~24)
・アイアン6本(#4、#5、#6、#7、#8、#9)
・ウェッジ3本(PW、AW、SW)
・パター1本

(フェアウェイウッドが得意な人向け)

1026_3

 フェアウェイウッドを中心のクラブにした次のような選択です。

・ドライバー1本(1W)
・フェアウェイウッド4本(3W、5W、7W、9W)
・ウッド型ユーティリティ2本(20~21、26~27)
・アイアン3本(#7、#8、#9)
・ウェッジ3本(PW、AW、SW)
・パター1本

14本以下のパターンもあり!

1026_4

 ゴルフ規則をよく見ると14本を超えるクラブはNGと書かれています。最大本数の制限はありますが、最低本数の制限が別にあるわけではありません。つまり14本以下であればクラブは何本でも良いのです。極端な話ですが、アイアンの何番かを減らしてパターを2本持ってプレイする事も可能なのです。ただ、グリーンで使うパターは感覚が重要なクラブなので、流石にパター2本を使う人はあまりいません。しかし、ドライバーを2本(ドロー用とフェード用)持って使い分ける人はいます。日本のプロの中には練習気分でラウンドする時、クラブのハーフセット(8本前後)でラウンドする人もいるほどです。本数を減らしてもスコアの結果が変わらない日もあるらしいからビックリです。
 前述の内容はあくまでも参考程度にして下さい。初心者のうちは、基本の14本をしっかりと吟味しておくのが大切です。自分に最適な14本が決まったら、あとはひたすらボールを打って練習するのみ。
安心してコースデビューする為にも日々精進して下さい!

まとめ

 如何でしたか?初心者の人でも迷わずにクラブをセッティングできるポイントを説明しました。これでもまだ悩んでしまうという人は、経験者やショップの人からアドバイスを受けると良いでしょう。
 最後になりますが、クラブはゴルフの道具で一番重要なものです。メーカーの違いによって特徴も大きく変わります。慣れてきたら色々なメーカーのクラブを使ってみて、更なる上達を目指していきましょう。