GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

ゴルフシューズ スパイク交換の豆知識

Licensed by gettyimages R

ゴルフシューズにとって、重要なのはグリップ力です。地面をしっかり掴むことができなければ体がぶれてしまい思い通りのスイングをすることができません。

最近のゴルフシューズは、ソフトスパイクシューズとスパイクレスシューズが主流となっています。プロやアマチュアでもシューズをコースの特徴などにより使い分けている人もいるようですが、人気が高いのはソフトスパイクシューズです。

ソフトスパイクシューズは、ソールに取り付けられたスパイクにより地面とのグリップ力を強くしているのが特徴です。靴としての快適性やファッション性の機能はもちろんのこと、スパイクによるグリップ力も自分のスイングをする上で重要な機能なのです。

このスパイクとはゴルフシューズの裏についている鋲のことで、これは消耗品です。使用しているうちに磨り減ってきます。磨り減った状態では、スパイク本来の力を発揮することができなくなり、交換する必要があるのです。

Embed from Getty Images

Licensed by gettyimages R

スパイクの種類

スパイクの種類はたくさんあり、まったく互換性はありません。同じメーカーでもモデルによって、スパイクが違うこともあるので自分のシューズのスパイクを確認しておくことが必要です。購入する際には、同じ規格の物を購入しましょう。

・FTS Tri-Lok (名称は違うが規格は同じ)

・CHAMP PINS

・QFIT ・Q-Lok(名称は違うが規格は同じ)

・CHAMP SLIM-LOK

・CHAMP ミリ

・CHAMP インチ

ここに上げているのは、ソールとスパイクのジョイント部分の形状による規格です。突起部分については、ミズノやアディダスなどのメーカーは、独自形状の鋲を開発しています。

独自形状のスパイクにすることで、シューズの機能を最大限に発揮できるようにしているので、同メーカーの鋲を取り付けることをおすすめします。

スパイク交換の目安

スパイクに交換時期があるわけではなく、見た目と感覚が大事です。スパイクを交換する目安は、まず見た目は、磨り減っていたり、突起の部分が破れていたりするのでわかりやすいと思います。スパイクの場所によっては、突起の一つだけ磨り減っていたりすることもあるので、その時はその一つだけ交換するようにしましょう。

次に感覚の部分。感覚は、スパイクで歩いていると歩きやすく感じるようになります。特に、アスファルトの部分や地面が固いところを歩いて、違和感を感じないようになったときは、磨り減ってきていると思って下さい。

歩き方のクセやスイング時の体重のかけ方によってスパイクの磨り減り方は異なるので、全部のスパイクが全体的に同じように磨り減っていくことはありません。ラウンド毎にスパイクをチェックし、磨り減っていたり破れている箇所あれば、その都度交換するようにしましょう。

突起部分が破れたスパイク

磨り減ったスパイク

練習場のマットで使用した後は、突起の部分が破れたりすることがよくあります、練習の後は特に注意して見るようにしてください。

交換の方法

スパイクを交換しようと思ったら、古いスパイクが外れないことがあります。ゴルフ場でプレーした後は、芝やバンカーの砂、小石などがレンチ穴やスパイクとソールとの間に挟まっていることがよくあります。

レンチが刺さらなかったり、無理矢理レンチをねじ込み回すことで、穴が壊れることもあります。そうなると、交換だけに時間もがかかり、相当な力も必要になります。また、シューズ自体を傷めることになりかねません。まず、スパイクを見て何が原因で回すことが出来ないのか探してみましょう。

穴が塞がっている場合

歯ブラシや爪楊枝などで詰まっている物を除去しましょう。無理矢理、レンチを押し込むと穴が崩れる原因になります。少しめんどくさく、根気がいりますがこの作業は大事です。

穴が壊れている場合

スパイクの劣化がひどい場合は、穴自体が崩れている場合があります。また、穴に大きめの石が詰まった状態で放置していると穴が変形している場合もあります。こうなると、附属の専用レンチでは上手く回りません。

ペンチなどを使って無理矢理回そうとすると、ソールのねじ部分が壊れる可能性もあります。こんな時は、レンチの形状を変えてみましょう。

これは、CHAMPのMax Pro Wewnchという物ですが、ショップのグッズコーナーにこのようなレンチが置いてあります。おすすめは、力が伝わりやすくなるように手で握る部分が大きいものです。

そして、ねじの部分には潤滑剤などを流し込み、スパイクを緩みやすくしましょう。潤滑剤とレンチで簡単に外すことができるようになります。

スパイクとソールの間に小石などが詰まっている場合

スパイクとソール、ソールのねじの部分に芝生や泥が詰まっていて外れにくくなっていることがあります。特に、雨の日に使用した後などは、細かい所に泥が入り込みそのまま固まっているのです。

このような場合は、ソールの部分をお湯にしばらく付けておきましょう。お湯に浸すことで細かい所に詰まっているゴミなどが取れて回りやすくなります。

ねじの部分がさびている場合

ねじの部分に潤滑剤を刺しましょう。

よく使われる潤滑剤は「KURE 5-56」です。ただし、スパイクの素材によっては、ねじの部分が溶ける場合があるので注意して下さい。

まとめ

Embed from Getty Images

Licensed by gettyimages R

ゴルフシューズのスパイクは、ショット時に体を安定させる重要な役割を果たします。しかし、磨り減ったままにしていては、その機能を発揮することは出来ません。練習した後やラウンド後にはチェックしてその都度交換していくことをおすすめします。こまめに交換しておけば、古いスパイクを外すのも、新しいスパイクを取り付けるのも簡単に行うことが出来ます。また、シューズの耐久性にもつながります。

また、プレーの途中にも外れることがあります。特にドライバーでのショット時は、ボールを強く叩こうとして足を踏ん張るため緩むことがあります。紛失することもあるので、ゴルフバッグの中に予備のスパイクとレンチを入れておくことをおすすめします。常に、スパイクの機能を発揮できるように準備し、スコアアップにつなげましょう。

 

関連記事

バーディーを極めればゴルフが上手くなるのか?/誰かに話したく…

  • 2016.03.01

「バーディー」という言葉は、鳥という意味のバード(bird)…

ホールインワン達成の確率と宝くじが当たる確率を比べてみた!

「ホールインワンが出る確率なんて、宝くじが当たるようなもの」…

熟練のゴルファーはフライパンでゴルフを料理する?/誰かに話し…

  • 2016.03.16

紀元前3500年頃に生まれたメソポタミア文明の遺跡から銅製の…