GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

パーオン!ナイスパー!は海外では通用しない?ゴルフに多い和製英語にびっくり!

Licensed by gettyimages R

ティーショットで会心の当たり。パートナーから「ナイスショット!」の声が飛びます。

ところが、英語では「good shot」が正解。日本人は「ナイス」が好きなのか、「ナイスオン」「ナイスタッチ」「ナイスパー」と「ナイス…」は全部、和製英語です。

「グリーンにオンした」「アプローチがピンそば」「良くパーがとれた」と、その情景が浮かぶような「ナイス…」使い用語。よくぞ生み出した“名語”と呼んでもいいくらいです。

Mitsubishi Electric Championship at Hualalai - Round One

Licensed by gettyimages R

かつて、ビートたけし、明石家さんま、タモリのビッグ3が登場する、お正月の特番ゴルフ対決がありました。その中で英語を話してはいけない「英語禁止ホール」があり、話すたびに1打増えるルールが痛快でした。

「あぁ、バンカーや」は「砂場」に言い換え。思わず口に出た「ナイスパー」も1打。うっかり使ってしまう英語が実に多かったのが笑えました。実はそれも和製英語でした。

実に情景をうまくとらえた表現が多いのも、ゴルフ和製英語の特徴です。

「パーオン」=2パットでパーがとれる打数でグリーンに載せる。英語は「green in regulation」

「ニアピン」=ピンそばに寄せた状態。英語は「closest to the pin」

「オーバードライブ」=ドライバーで他の人のボールより飛ばすこと。英語は「out drive」

「ドラコン」=ロングホール第1打の飛距離を競うドライビングコンテストの略。「最も飛ばした」との英語は、「the longest drive」

DP World Tour Championship - Previews

Licensed by gettyimages R

英語の語感ともまったく異なる、もはや“発明用語”と思えるのが次の例です。

「ショートホール」→「par3」

「ミドルホール」→「par4」

「ロングホール」→「par5」

さらに、
「ダフる」→「fat shot」

「トップする」→「thin shot」

「Fat=太った、膨れた」「thin=やせた、薄い」から、「地面を噛んだショット」「ボールを薄くとらえたショット」が英語の表現です。

和製英語では、英語の「duff=打ち損ねてボールの前の地面を打つ」に「る」をつけた表現と、「トップ=top」、上を叩いた、とイメージさせる表現です。

Shriners Hospitals For Children Open - Round One

Licensed by gettyimages R

「フック」「スライス」は、英語ではウッドやアイアンショットの軌道を表しますが、和製英語では「フックライン」「スライスライン」と、グリーン上の軌道まで表現しています。英語では「brake left」、「break right」となります。

さらに、風の方向にも。

「アゲインスト」=向かい風。英語は「headwind」

「フォロー」=追い風。英語は「tailwind」

これらは、スキージャンプ競技などのスポーツ中継でも使われています。

世界でのゴルフの起源は不明ですが、スコットランドで1400年代には存在していたようです。

日本に初めてゴルフ場ができたのは、1901年の神戸ゴルフ倶楽部。そこから120年弱で、今や日本にあるゴルフ場の数は、アメリカ、イギリスに次いで世界3位となりました。

和製英語は誰が、いつ流行らせたのかはまったく分かりません。しかしユニークな和製英語の数々は、日本人が急速にゴルフに傾倒した証拠を物語るようです。

 

関連記事

ゴルフにおけるハンデの基本と最大値

  • 2018.03.19

ゴルフをしたことがない場合でも、「ハンデ」という言葉を聞いた…

意外と知らない!ゴルフの基本「パー」の詳しい意味

  • 2018.03.28

ゴルフのTV中継などでも多く耳にする「パー」。初めてラウンド…

こんなに違うゴルフ習慣!庶民の生活に溶け込むアメリカ、特別な…

こんにちはQuunyです。私は仕事でアメリカに滞在していたわ…