見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

EZONE GTは科学力でゴルフを改革する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨネックスが2017年12月上旬に発売する“EZONE GT”(イーゾーン ジーティーと読みます)は、ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンのフルラインアップです。番手の隙間がないように考慮しつつ、最大の飛距離性能も両立させるというのがコンセプトです。

ターゲットはヘッドスピード40m/秒前後のゴルファーだと聞いていました。簡単さが前面に出ているクラブなのかなぁ、というイメージでした。

ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンとフルセットをお借りして、ゴルフコースで実際にラウンドしてみました。シャフトはヨネックスが自社開発した『REXIS for EZONE GT』というカーボンで、アイアンのみSR(Sシャフトは販売されないから)で他はSという硬さで、ドライバーのロフトは9度です。

 

高弾道で飛ばすというお手本のようなウッド

ヨネックスの“EZONE GT”シリーズは、コースで打つ前にお披露目のときに練習場でも少し打たせてもらいました。そのときに飛距離性能の高さは実感していたのです。シャフトが特徴的でした。全体がたわんで、ゆったりした挙動をするのですけど、インパクトに向けて勝手にキュッという感じで加速するのです。一言で書けば、良い部分だけを集めたようなシャフトでした。少し慣れる必要はありますので、予め打っていて良かったのです。

『REXIS for EZONE GT』というシャフトは、高い弾道を打ち易くして、ボールの速度アップを助けてくれます。

まずは、ドライバーを打ちました。

ブラックを基調として、クラウンにはカーボン繊維の編み目が透けて見えます。ヘッドのフォルムも丸型でオーソドックスです。期待させます。450ccのヘッドは大きすぎずに目標に構えやすいです。46インチですが、長いと感じさせません。

軽めのドローを狙って打ちましたが、ほぼストレートに高弾道で強いボールが飛んでいきました。いきなり230ヤード。僕としてはトップクラスに飛んでいます。

打音は小気味よい高音で、大きすぎず、小さすぎず、とても良いのです。上級者から初級者まで、飛んだ、と感じさせます。この打音だけでも十分だと思うほど好印象でした。

打ち応えもしっかりしていて、適度な弾き感もあります。

これらは“EZONE GT”シリーズの全てのクラブに共通していました。機能とは直結しないかもしれませんが、こういう部分の調整を狙い澄ましてやっていることを想像すると、ヨネックスの開発チームのどや顔が見えるようです。

 

ドライバーは、ロフト9度としては高めのボールです。

フェースの研磨を縦にしたことで、ボールのサイドスピンを防止できるということでしたが、結果として飛んでいくボールを見ると確かに曲がりが少ないようです。実際に、強いドローを打ったり、大きなフェードを打とうとしましたが、狙いの半分も曲がりませんでした。

棒球という感じはしないのですけど、前に行こうとする強さは感じます。また、多少芯を外しても、飛距離が著しく落ちるわけではないということも実感できました。

その後も使いましたが、楽に打って飛ぶのが良かったです。方向性も良いのです。ヨネックスのドライバーは過去に何本も試打しましたが、個人的には“EZONE GT”のドライバーがダントツで合っているようでした。試打しながら気持ち良くなるクラブは珍しいのですけど、“EZONE GT”のドライバーは心地良かったです。

 

“EZONE GT”フェアウェイウッドは15度のスプーンを中心に、“EZONE GT”ユーティリティは22度の番手では4番を中心に打ちました。

なんといっても最大の特徴は、フェースのスコアラインです。溝が斜めなのです。フェースを正面から見ると左上から右下に斜めに溝が彫られています。この溝によって、ボールが曲がりにくくなって、弾道も高くなるということです。

構えてみると、思いの外、フェースの溝は気になりました。フェースが小さく見えるのです。

打っている内に気にならなくなりますが、面白い経験となりました。

打ってみると、打音と打ち応えはドライバーと同じで、最初にそれに感心しました。ドライバーとフェアウェイウッドやユーティリティと打音や打ち応えが違うことのほうが多いからです。番手の距離が均等になるように開発するだけでも大変なのに、こういう細かい所まで気遣いがあるクラブにグッと心を掴まれました。

ドライバーよりも更に高弾道で、それでいてしっかりと距離も出ます。

スプーンにかんしては、突出して飛ぶ物がありますので、それと比較すると少し距離性能は落ちますが、“EZONE GT”のコンセプトの一つである番手間の距離を均等にするために合わせてあるのだと思いました。高弾道で余力があるのです。

副産物として、スプーンで打ったボールは落ちてからあまり転がりません。つまり、点で打っていけるフェアウェイウッドになっているのです。

肝心の斜め溝の効果ですが、これもなかなか興味深いものでした。曲がりにくいというより、曲げにくいと感じました。直進しようという意志がボールに乗り移ったような感じです。

ユーティリティはしっかりと距離が出ます。弾道が高めなので飛ばないかと、最初に打ったときは思ったのですが、心配を吹き飛ばすように飛びました。

曲がりにくい安心感もあって、ガンガン振り回すこともできます。

強いて、スイープに芝生を取らずに打ってもちゃんと機能しますし、打ち込んでもしっかりと仕事をしてくれます。

フェアウェイウッドのフォルムはオーソドックスな丸型ですが、ユーティリティはやや角張ったフォルムです。こういう部分は好みです。個人的にはユーティリティは細身のフォルムが好きなのですが、角張ったフォルムは球が上がりやすいと感じる人が多いので、安心して使えるというプラスがあるのだと思いました。

“EZONE GT”のウッド系のクラブは最先端の科学力を詰め込んだ実験的なクラブでありながら、玄人的なゴルファーの感性を刺激するチューニングもされているクラブです。見た目もカッコイイので、バッグに入っていることでプライドも満たされます。

番手間を均等にするように作られていますが、当然、お好きな1本を選んで使うのもありです。

ヘッドスピード40m/秒前後のゴルファーのためのクラブだとヨネックスは宣伝をしていますが、もったいないと思います。

ウッド系はネックがカチャカチャ系の調整機能がついていて、好みのシャフトに替えるのも簡単です。ヘッドスピードが速いゴルファーはシャフトで対応できますし、最先端でありながらオーソドックスなので変な癖がつかないので、初心者にもオススメしたいです。

最先端だからこそのアイアン

 

“EZONE GT アイアン”は、7番アイアンのロフトが28度というぶっ飛び系と呼ばれるアイアンです。ロフトだけではなく、ヘッドもクロモリと略される『クロムモリブデン鋼』で、フェース部分は固く反発するようにして、ネックの部分は柔らかくしたことでライ角などの調整を可能にしているそうです。

セットで売られる内容は、25度の6番アイアンから42度ピッチングウェッジまでの5本組みです。オプションで、4番と5番、48度のAW、54度のSWが用意されています。

 

ポケットキャビティバック構造のアイアンですが、カーボン素材を蓋のように使っています。『G-BRID』とヨネックスが呼んでいるカーボン素材をバックフェースに使用することで、余計な振動を抑えて打感を向上させる効果があるそうです。

 

ソールは2段構造のようなデザインになっていますが、素材が違うわけではありません。とはいえ、バッグから取り出すときに、見やすいことや触った感じの良さは、長く付き合うものだからこそ機能と考えているゴルファーもいます。

最先端を感じやすい演出は“EZONE GT アイアン”には合っていると感じました。

打ってみました。

ウッドで意識していたので、打感と打ち応えに敏感になりました。1球目でお見事だと感心しました。しっかりと手に伝わる弾き感と、硬めの高音の打感は、ショットの内容を視認しなくとも教えてくれます。一部のプロユースのアイアンだけのこだわりかもしれまないので、評価されない部分かもしれませんが、アイアンを打つのが楽しくなりました。とても良かったです。

フェースの反発を感じることは好みが分かれますが、最先端のアイアンだとわかる意味では機能しています。

弾道はロフトよりも高くボールが上がります。シャフトの機能なのだと思います。それでいて、吹き上がることはなく、きれいな弾道です。ミドルアイアンからショートアイアンまで弾道の統一性もきれいに維持できていて、レベルが高いものでした。

飛距離は同じロフトの他社のアイアンよりも飛びます。実質、7番アイアンで4ヤードぐらいなのですが、これは期待以上でした。特筆したいのは、飛ばすことに無理ながないことです。強振したり、意識せずとも、普通に打って飛ぶという感じでした。

一つだけ気になったのは、高さで止めるアイアンという感じがしたことです。スピンはそれなりにかかるのですけど、打ち応えや打音、弾道からすると、もっとスピンがかかっていると思えるシーンでも、ワンピンぐらいは前に転がって止まるという感じでした。

これは慣れの問題で、そういうものだと考えて利用すれば、スピンがビンビンにかかるアイアンよりも高機能だと判断して、恩恵を受けるゴルファーもいるはずです。

このスピンが少し弱いということは、ボールが曲がりにくいという結果に直結しています。途中で、何ホールかボールを曲げてグリーンを狙ってみましたが、思っているより半分も曲がりませんでした。

“EZONE GT アイアン”は、最先端を楽しむアイアンです。

ウッド系でも感じましたが、玄人的なゴルファーも満足させるチューニングは、幅広いゴルファーに使って欲しいと思わせました。

アイアンでも飛ばしたいゴルファーで、ヘッドスピードが速い場合には、いわゆるぶっ飛び系のアイアンで使えるものが複数、流通しています。ロフトが立ったアイアンを使いこなすには、ある程度のヘッドスピードが不可欠なのは物理的に考えれば当たり前なのですけど、ヘッドスピードが速くないゴルファーでも立ったロフトを活かせるというのが“EZONE GT アイアン”の最大の特徴なのです。

テニスやラケットで使われて、既に実績を残しているカーボン素材の革新的な特許技術をゴルフクラブのシャフトに活かしたヨネックスは、それに合うようにヘッドも開発したのです。新しい次元の扉を開いた感じがしました。

“EZONE GT”は、ヘッドスピード40m/秒のゴルファーの為のクラブだと宣伝されます。自分には関係ないと考えてしまうゴルファーは、大損をしてしまう可能性が大きいです。

最先端のクラブと名乗ったクラブは、巷に溢れています。

本当の最先端の一つのベクトルを“EZONE GT”は体験させてくるのです。

スペック

EZONE GT ドライバー
★発売日     2017年12月上旬
★ロフト     9° 10.5°
★ヘッド体積   450cc
★シャフト    REXIS for EZONE GT ※硬度S、SR、R Rはロフト10.5°のみ
★価格      63,000円+税

EZONE GT フェアウェイウッド
★発売日     2017年12月上旬
★番手とロフト  #3/15° #5/18° #7/21°
★シャフト    REXIS for EZONE GT ※硬度S、SR、R
★価格      35,000円+税

EZONE GT ユーティリティー
★発売日     2017年12月上旬
★番手とロフト  #3/19° #4/22° #5/25.5°
★シャフト    REXIS for EZONE GT ※硬度S、SR、R
★価格      30,000円+税

EZONE GT アイアン
★発売日     2017年12月上旬
★番手とロフト  #4/20° #5/22° #6/25° #7/28° #8/32° #9/37° PW/42° AW/48° SW/54°
★シャフト    REXIS for EZONE GT ※硬度SR、R
         N.S.PRO950GH HT ※硬度S
★価格      カーボン5本セット(#6~PW) 105,000円+税
         カーボン単品(#4、#5、AW、SW) 21,000円+税
         スチール5本セット(#6~PW) 95,000円+税
         スチール単品(#4、#5、AW、SW) 19,000円+税

この記事を書いたライター

1965年生まれ。東京都文京区出身。板橋区在住。中1でコースデビュー。
競技ゴルフと恋愛に命をかけた青春を経て、ゴルフショップ、ゴルフ部コーチ、ジュニアゴルファー育成団体などで勤務しながらゴルフエッセイストになる。
ゴルフ小説、恋愛小説なども執筆している。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。
ブログ更新中!:ゴルフ惑星

> このライターが書いた記事をもっと読む

関連記事

イーデルのシングルレングスアイアンの秘密を公開!

  • 2017.06.15

ヨネックスが2017年12月上旬に発売する“EZONE GT…