打ち上げホールやフォローの風が吹いている状況では、当然高い弾道で打ちたいので、普段よりもティーアップを高めにしてハイボールを打つ。反対に打ち下ろしホールやアゲンストのホールではティーアップを低めにしてローボールを打ちなさい。

このようなレッスンが一般的ですが、どんなティーアップの高さでもスイングをアジャストできるプロゴルファーや上級者と違い、アベレージゴルファーのレベルでは、毎ホール状況が変わるティーグラウンドでティーアップの高さを変えて、弾道を打ち分けるというのは難し過ぎるのではないでしょうか?

The One And Only Golf Course Is Seen in Afghanistan

Licensed by gettyimages R

それでなくても、ティーグラウンドの芝の刈り高は、シーズンによって変わります。夏は芝が長く伸びていて、冬になると、芝は枯れて短くなっています。アマチュアゴルファーは、この芝の長さによる視覚的イメージでティーアップの高さを決めている傾向があります。

芝が長く伸びている夏場は、いつも通りティーアップをしているつもりでも低く見えるため、極端に高いティーアップになりやすいのです。その結果、いつものスイングでボールをヒットしたら、思いがけないテンプラが連発なんて経験もあるはずです。

また、ショートーホールのティーショットはもっと顕著にミスショットが出ます。アイアンショットを高過ぎるティーアップで打つと、当然クラブフェース芯ではヒットできず、上部に当たるわけですから、ナイスショットの確率は低くなります。

アマチュアゴルファーはティーアップが高すぎる傾向にあり

WGC - 2006 Accenture Match Play Championship - Practice Round - February 21, 2006

Licensed by gettyimages R

アベレージクラスであれば、常にティーアップの高さは、ホールロケーション、風の向き、シーズンに関係なく、常に同じ高さに安定させたほうがいいのです。もちろん、同じ高さにしているつもりでも、今説明したように視覚的な影響でティーアップが高く見えたり、低く見えたりします。

そこで、目安として、ドライバーをソールしたとき、ボールの赤道をクラウン(クラブフェースの上部)に合わせるといいでしょう。これはパーシモンヘッドの時代からの基本ですが、460㏄の現代では当然パーシモン時代と比較すると、ヘッドが大きくなった分、高いティーアップになっています。

それでも、一般的な傾向として、アベレージゴルファーのティーアップの高さは高過ぎる人が圧倒的に多いようです。その理由はダフることの多いゴルファーは高くしたほうが、安心感を持ってアドレスできるからです。ここで誤解してほしくないのは、ティーを低くするのではなく、高過ぎないようにするということです。

余談ですが、今から30年ほど前、ドライバーのヘッド素材がパーシモンからステンレス製のメタルヘッドになった頃です。ジャンボ尾崎が長期間のスランプから見事に復活、第2次黄金期が始まりました。

そのとき、テーラーメイドのメタルに、超ロングティーを使い、誰よりも高いティーアップで驚異的なロングドライブを放っていたことを覚えているゴルフファンも多いのはないでしょうか?当時、多くのアマチュアゴルファーがジャンボに触発されて、メタルウッドをアッパーブローに打つというスイングが大流行したものです。

しかし、ジャンボは実際にはアッパーではなく、レベルブローに振って、インパクトゾーンを長くして、低い弾道のボールを打っていたのです。高いティーでレベルに振るというのは、非常に高度な技術であって、他のプロや上級者クラスでもなかなか真似のできないほど難易度の高いものだったのです。

いつも同じ高さでレベルブローでヒットするのが理想的

PGA TOUR - 2006 THE PLAYERS Championship - Second Round

Licensed by gettyimages R

基本的にティーアップはノーマルな高さが理想で、その高さをベースにしてレベルに触れるようにスイング作りをすることで、打点、軌道の安定につながっていきます。レベルにスイングするということは、インパクトゾーンでのクラブヘッドの動きを緩やかにすることで、長いゾーンでボールを捉えられるということです。

ドライバーショットを極端なアッパーで打っているアマチュアゴルファーは、フェアウェイウッドやユーティリティーが苦手という人が多いはずです。高いティーアップは、下から上がってくるクラブヘッドに十分な空間がありますが、地面にあるボールをヒットしなくてはいけないフェアウェイウッドやユーティリティクラブでは、その空間がないというのが理由です。

ドライバーショットをレベルに振れるようになれば、当然長いインパクトゾーンで捉えられるフェアウェイウッドやユーティリティークラブではダフリ、トップといったミスショットも激減することでしょう。

そういう意味でも、ティーアップの高さは、いつも同じにしておいたほうがいいのであって、スコアが安定するためのポイントになるのです。