GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

ゴルフ初心者レベルから脱出したことを示す指標とは?

Licensed by gettyimages R

上達スピードに、大きな個人差があるのがゴルフ

もちろん、どんなスポーツでも、上手くなっていくスピードには個人差があります。
しかし、中でもゴルフは上達スピードに大きな個人差がうまれやすいスポーツです。

通常であれば、経験を積み重ねるにつれてある程度右肩上がりで上手くなっていくものですが、ゴルフの場合……独学で学んでいる人ほど、なかなか…。ねぇ。
それが、ゴルフの特徴にもなっているような気がしています。

数年くらいゴルフをしている人であれば、こんな経験があるのではないでしょうか。
ゴルフをはじめたばかりのころにたたき出したワーストスコアーを、数年たってから更新してしまった!なんてことが。

一度、腕前が上達したと思っても……練習継続しているのにも関わらず、またまたワーストスコアーに近い数字(スコアー)を出してしまう。一歩進んで、二歩どろこか三歩下がるということが度々あるのが、ゴルフなんですよね。

技術レベル(初心者、中級者、上級者)には、段階がある

何故、ゴルフにおいて、そんな乱高下が起きてしまうのかと考えると、そこにはいくつかの理由が考えられます。
でもまあ、あまり難しいことを理屈で考えても仕方が無いので、認識しておくと良いと思う要素をひとつ取り上げてみたいと思います。

それが「段階的な技術レベルの存在」です。大まかに初心者レベル、中級者レベル、上級者レベルの3つに分類することができそうです。

ゴルフって、不思議なことに単純にスコアーだけで、この技術レベルを判断出来ないものなんですよね。
たまたま……とか偶然が重なって、良いスコアーがでるときがあるからなんです。(逆も然りで、悪いスコアーがたまたま出るときもあります)

本当は、まだまだ初心者レベルで「100/R」程度のスコアーがでれば上出来なのにも関わらず、時折「95/R」前後のスコアーを出せてしまうことがあったりするんですね。

人って自分に都合よく考えやすい傾向があるようで、自分の実力をいつのまにか「95」が出せるレベルと思ってしまいがちなんです。身におぼえはありませんか?

そうなると、次に「100」くらいのスコアーとなると、なんだかとっても調子が悪かった・・と思ってしまうわけです。本当は、それが適正な実力なのに(笑)。

これまで沢山のゴルファーたちと触れ合う機会がありましたが、「中級者レベル」と思っている人達の中には、まだまだ「初心者レベル」といえる人が沢山存在していたりします。
ゴルフを始めてから数年経つと、自動的に中級者に仲間入りしたものと思ってしまうのかもしれませんが・・・技術レベルは経験年数では判断できない要素であることは、ぜひ、しっかり認識しておくといいかと思います。

初心者レベルから中級者になったことを示す指標

自分の等身大の技術レベルを知っておくことは、案外大切なものです。技術レベルを勘違いしていると、なかなか本当の上達が望めなかったりしますので。

そこで、初心者レベルを脱出できたかどうかの指標をひとつご紹介したみたいと思います。それがパッティングにおける、スライスラインの打ち方による診断です。

もちろん全ての状況に当てはまるわけではありませんが、それでも多くケースで「スライスラインの打ち方」によって、初心者レベルであるかどうかを判断することができたりします。

「アマチュアラインに外す」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、スライスラインをパットしたときに、カップの右側にはずしてしまうことをそのように表現したりします。

カップに触れる程度の感じであれば問題ありませんが、スライスラインを打つときにカップの右側に大きく外れることが多い場合は、初心者レベルと判断できます。
これがカップの左側に外れることが多くなってきたときに、中級者レベルになってきたと考えることができるのです。

スライスラインの打ち方に凝縮される技術ポイント

スイングではなくて、パッティングで技術レベルを見極めることには疑問を感じる人も少なくないかもしれませんね。

でも、ショットの場合は、瞬時の出来事ですので、なかなか自分で状況を把握することができなかったりするものです。対して、パッティングであれば、自分でそのときの状況をしっかり把握できます。

また、スライスラインを適切にパットするためには、
・正しくアドレスの向きを整える技術
・クラプ(パット)を正しい軌道(アウトサイドインではない軌道)で振る技術
・パットフェイスを正しい方向に合わせる技術
の3要素が必須となります。

初心者レベルのときには、大抵アドレスが右向きとなりやすく、スイング軌道がアウトサイドインとなることが多いもの。この感覚が正されなければ、スライスラインに対して、適正な方向でボールを打ち出すことができないのです。

スライスラインに対して、正しい方向に打てるようになったとき、中級者レベルの扉が開くことになります。
お試しください。

関連記事

パットが下手なのはOK=コンシードが原因なんですか?~ワンラ…

  • 2016.04.19

ゴルフのことを少しでも勉強した人なら「OK」という用語は正式…

シャンクの原因を突き止められるのは自分自身しかいない!セルフ…

  • 2016.05.12

ここぞというアプローチの場面で「ペチッ」というイヤな音ととも…