GOLFES

見つかる、楽しむ、あなたのゴルフライフ。

バンカーの練習法~クッションでオフバランスのスイングを身につけよう!~

クッションでオフバランスのスイングを身につけよう!

バンカーショットでは、スイング中にバランスを崩さないことが大切です。傾斜地のショットのときと同様に、クッションの上でのタオルスイングを行うことで、足場の悪いところでも重心のバランスを崩さないスイングを身につけることができます。

足場が悪いからといって、下半身を固定して全く使わずにスイングすると、腕や肩の筋肉に頼った「手打ち」となってスイング軌道は安定しません。

小さくてもしっかり重心移動を使ったスイングをすることが大切です。「胸の水平回転」を意識した上下動の少ないスイングを身につけることで、バランスを崩しにくくなります。

タオルスイングで体の使い方を覚えたら、体の正面に座布団などを置き、ソールを座布団の上で滑らせるように小さなスイングをやってみましょう。ボールの少し手前から、砂をとるスイングのイメージを身につけることができます。

バンカーではバンスを信じて、ダフることを恐れずにボールの手前から砂を薄くとるようにスイングする!

バンカーショットと芝の上からのショットで大きく違うのは、ボールに対するヘッドの入れ方です。

芝の上ではダフったり、ヘッドが地面に弾んでトップしてしまうような軌道でも、柔らかいバンカーであれば、軽く砂に潜って、ボールを飛ばしてくれます。

ウェッジにはバンスがあるので、ヘッドが深く潜らないことを忘れないようにしましょう。多少のダフリを気にせずにしっかり振り抜けるようにしておくことが大切です。

クッションを使ったバンカー練習

柔らかいクッションの表面を薄く削り取るようなイメージでハーフスイングをやってみましょう。床ではヘッドが弾んでしまうようなアングルでも、クッションであればスイングできます。バンカーショットで、ボールの少し手前からヘッドを入れる感覚を身につけましょう。

関連記事